PR

奥手のオタクは婚活で結婚できるの?

婚活全般
この記事は約5分で読めます。

恋愛に奥手で損をしたことはないでしょうか。オタクの皆さんは恋愛経験が乏しい方が多いので、異性と話すことが苦手な傾向にあります。同年代が結婚していく焦りもあるなか、なかなか意中のタイプと付き合えないことに悩むこともあるでしょう。

しかし、オタクであっても奥手を克服して婚活に挑むことは可能です。自分が消極的な性格なら努力することが欠かせませんが、気負いする必要はありません。大事なのは相手を愛する気持ちなのです。

恋愛ができる期間は独身時代だけなので、まずはたくさん恋愛経験を積みましょう。

恋愛はここから!タイプの人に話しかけて仲良くなろう

あなたはどのようなタイプが好みですか?

人によって異なると思いますが、一般的なオタクの傾向としては、おとなしめで趣味を共有できる人を好きになりがちです。特に自分と同じ趣味を持っている人とは、話も合うので恋愛対象になりやすいです。

しかし、勇気がなく意中の人が見つかってもアプローチに苦労していると思います。奥手なオタクにありがちですが、「自分なんか相手にされないだろう」と身を引いてしまう人が多いので、せっかくのチャンスを逃してしまいます。そうなると、いつのまにか別の相手に取られてしまうことも珍しくないのです。

オタクが好きになるような人は相手側も恋愛経験が乏しいことが多いので、お互いに異性と話すのが苦手な傾向があります。逆に言えば、自分から話かければ相手もすぐに心を開きます。その上、趣味も似通っていれば恋愛関係に発展する確率も高いのです。

タイプの人を見つけたら、まずは自分から積極的に話かけましょう。話す内容に困ってしまう人もいるかもしれませんが、最初は「今日も晴れていますね」などの当たり障りのない会話からで大丈夫です。趣味の話をして相手が乗ってきそうであれば、深く話すことができるでしょう。

話かけなければ何も始まらないので、まずは勇気を出して最初の一歩を踏み出してみてください。

 

異性との会話の場を作り奥手な性格を克服する方法

一般的にオタクの方は人と話すのが苦手なので、異性相手になると余計に話が続かなくなってしまうパターンも多くなってしまいます。そのような奥手な性格では婚活をしてもチャンスを掴めません。まずは積極性を身に付けることを意識してみてください。

奥手な性格を克服する手段として、オタク向けの婚活パーティーや街コンに参加してみることをおすすめします。なぜなら、参加者が全員オタクなので話に困ることがないからです。好きなアニメや漫画の話で盛り上がることで、自然と積極的に異性と会話をすることができるようになります。

そのうち通常の場でも自然と話すことが苦にならなくなるので、婚活パーティーをきっかけに様々な場所で異性と関わっていきましょう。

また、普段あまり人と関わらない仕事をしているなら、自分を変えるために転職やコミュニケーションが求められる部署異動をすることも方法の一つです。これは極論ではありますが、環境が変わることで性格が変わることはよくあるので、奥手を克服できる良いチャンスになります。もしあなたに余裕があれば、検討してみてもいいでしょう。

 

奥手を克服するために出会いの場に足を運んでみる

ある程度異性と話せるようになると、そこで足を止めて待ちの姿勢になりがちですが、婚活の勝者はここで絶対に足踏みをしません。

婚活は場数を踏むことが大切です。1、2回の婚活パーティーでは上手くいく確率の方が少ないので、さまざまな婚活イベントに積極的に足を運ぶ必要があります。

また、オタク同士とはすんなり話せるようになっても、そうではない異性とは話せないならまだ奥手を克服できたとは言えません。世の中にはオタクではない人の方が多いので、むしろそういった人たちとコミュニケーションを円滑に取れるようになることを意識してください。

奥手なオタクが婚活イベントに足を運ぶ際に気をつけることは、必死さアピールをしないようにすることです。

オタクのなかには、意中の人を見つけた際に初めから連絡先の交換をしようとする人がいます。しかし、そのような姿勢は警戒心の強い相手にとって逆に引かれてしまう可能性が高いです。

そのため、まずは友人になることから始めましょう。何回か会うことを重ねた上で付き合うことを心がけてください。あなたが魅力的であれば、相手の方から交際を申し込まれる可能性もあり得ます。

婚活は時に動かない姿勢も大事なことがあります。相手の気持ちを考えつつ、上手にアピールをすることが婚活勝者の必須条件なのです。

 

オタク以外の異性にも許容されやすいライトオタクを目指そう

婚活を続けていくと、オタク以外の人と良い関係になることが増えていきます。そんな時に懸念される事項は、「オタクだとバレたら振られてしまうのではないか?」ではないでしょうか。

一昔前に比べるとオタクが市民権を得る時代になってきていますが、やはりまだまだ少数派なのでオタク趣味を理解できない人は多く存在します。しかし、あなたも趣味をやめるつもりはないでしょう。

そんな時は、ライトオタクを目指してみてください。オタクであることには変わりませんが、趣味にお金を費やしすぎず、オタク以外の人が参加する婚活パーティーにも積極的に足を運んでいきましょう。

今や趣味に少し足を突っ込んだ程度のライトオタクはたくさん存在するので、オタクだからと不信感を抱かれることは減っています。むしろ、相手側も何らかのライトオタクであるかもしれないので、許容される範囲でオタクを公言しても大丈夫です。

また、お相手が明らかにオタク趣味に寛容な場合には、隠さずに正直にオタクであることを告白しても引かれることはないと思います。いずれにせよ、臨機応変な対応を心がけてください。

 

オタクにも婚活成功チャンスはたくさんある

まずは異性とコミュニケーションを取ることを心がけて、出会いの場に積極的に足を運ぶことが大切です。その際には、いきなり恋愛関係に持ち込もうとせず、相手と気の合う友人になることを意識しましょう。

奥手な性格を克服するには時間がかかると思います。しかし、焦らず自分のペースで頑張ってみてください。

運営事務局

異性に無縁だった私でも3年の婚活期間を経て今の奥さんに出会うことができました。実際にやってみて学んだこと、苦労した体験談などを交えてご紹介していけたらと思っています。

運営事務局をフォローする
婚活全般
シェアする
婚活恋活navi