婚活サイト体験談【嘘のような実話】

出会ったのは化粧品会社の社長の息子!今すぐ婚活サイトを絶対使うべき理由

タブレットで婚活

世間では婚活しろ!見合いしろ!だのうるさく言ってきますが、当の本人がその気もないのに婚活なんて始めるわけがありません。

しかも婚活パーティーなんて出ようものなら、周りの女子たちから1匹の優秀な男性をゲットしなければいけないサバイバル合戦に挑まなければならないのです。

こんな状況考えただけでも億劫ですよね。「そのうちいい人が現れればいいかなー」と、のんきに構えてしまうのも仕方のないことです。

しかしそんな「のんき組」の方に面白い話があります。

世間には「婚活サイト」と呼ばれる出会いを目的としたサイトがたくさんあります。無名なところも数ありますが、大手が運営しているサイト、yahoo・mixi・ゼクシィ etc…登録者数も多く、本人確認がしっかりしているサイトもたくさんあるのです。

私の友人で美人だけどとても地味な子がいます。

男の三歩後ろを歩くような奥ゆかしくも地味な感じの子なのですが、スタイルもよく顔も整っている美人な子です。彼女は既にアラフォーの年齢なのですが、やっぱり結婚したいとの思いから思い切って大手の婚活サイトに登録しました。

さっそくプロフィールを登録すると、どんどんメッセージが届いたそうです。サイトの構造上なのでしょうか、新規の登録者は目立つようで暫く男性のアピールメッセージが届き続けたそうです。

数日経つとピタッとやんだので、やっぱりプロフィールを見てアプローチしたと言うよりかは、新規の登録者だったのでサイトの仕様上たくさん来たに過ぎなかったのだと思ったそうです。

彼女はその中から気になる人と何人か会ってみることにしました。

奥ゆかしい地味な彼女ですが、男性を見る目は厳しく(笑)プロフィールに貼られている写真、年収、趣味までしっかりチェックし、これならOKかな?と思える人だけ会ってみることにしました。

約2か月近くかかり7人程の男性と会ってみたのですが、その中で物凄い出会いがあったのです。

仲良くなった男性から名刺をもらうと何やら知っている化粧品会社の名前が…。

気になって検索してみると某有名化粧品会社の社長の息子だったことがわかったのです。顔写真もバッチリ掲載されていて、その会社の役員でした。

私も友人もびっくりです。こんな人も婚活サイトを利用しているのか!と…。

しかしお金も地位もある人が何故婚活サイトなのでしょうか…。よっぽど仕事が忙しくて出会いがないのか、特別な理由があるのか…。

後にわかることなのですが、彼は物凄い変わった趣向を持っていたのです。

『花より男子』と言う漫画はご存じでしょうか?神尾葉子による日本の少女漫画です。ここにお金持ちの御曹司集団F4と呼ばれる4人組が出てくるのですが、その中の重要人物「道明寺 司」と言うツンデレの男の子がいます。彼はいわゆる「シスコン」なのですが、まさに彼そのものだったのです。

婚活サイトで出会った彼もこの漫画の彼も気の強い女性が大好きで、それは幼少期からの家庭環境にありました。お姉さんにコテンパンにやられ、それが原因で気の強い女性が好きになってしまうようになったのです。

私の友人が出会った化粧品会社の社長の息子さんもよくよく聞いてみると同じような環境で、同じような趣向だったそうです。なるほど、それが原因でなかなか結婚までできなかったんですね…。。。

後日談ですが、私の友人は丁寧にお断りしたそうです。

家柄も良く、収入もしっかりして将来も安泰な彼だったそうですが、どうも「相性」において将来が見えなかったとか…。

婚活サイトは誰でも気軽に一歩を踏み出せるため色々な方が利用します。

特別な理由があって出会いに恵まれなかったり、相性の合う人と巡り合えなかったり…。

しかしネットを介すれば様々な人に出会えてその中のたった一人と運命の出会いができるかもしれないのです。これって本当に運命の出会いがまっれいるかもしれませんよね。

取りあえず登録だけでもしておいて損はないでしょう。

ひょっとしたらアナタだけに合う衝撃的な出会いが待っているかもしれませんね♪

 

30代/女性/介護職 ネット婚活で出会って2週間で結婚!相手は映画プロデューサー

タブレットを見つめる若い女性

職場内恋愛なんて絶望的、そもそもこんな環境に理想の相手なんていない!
…そう思ったことのある女性は多いのではないでしょうか?

私の友人で介護職に就いている30代女性も同じような想いを抱いていました。

話を聞く限り彼女の職場環境は大変そうで、とにかく人の入れ替わりが激しく時間も不規則で安定した職場とは程遠い環境だったそうです。

身近にイイ人もいないし、出会いも皆無…。そこで彼女は思い切ってネット婚活に挑んでみました。

ネット婚活はまずメール等で簡単なやり取りから始まり、お互い気が合いそうだったらあってみると言う、ごく普通の流れ。大手婚活サイト等は身分も保証しなければ登録出来ない等、なりすまし対策も出来ているので安心です。

まず彼女の元には複数の男性からオファーが来たそうで、とりあえず一人会ってみることにしました。一番最初に会ったのは彼女よりちょっと年上の男性。なかなかしっかりした職業に就いていて常識もありそうで、まずまずだったそうです。

しかしちょっとしたことで怒るタイプだったそうで、彼女としてはそこがネックでした。

そんな彼とやり取りをしている時に、もう一人別の男性からオファーがあったのです。
この人が後の彼女の旦那さんとなる映画プロデューサーの方でした。

ネット婚活では、一人の人としかやり取りしてはいけません!…なんてルールはありません。ぶっちゃけいい人はいくらでもキープしておきましょうと言った具合です。

彼女はその次に連絡をくれた男性と頻繁にメールのやり取りをしました。とにかく気兼ねなく何でも喋れてしまうような相手だったらしく、自分を飾らずありのままで付き合える自然体の人だったそうです。

そんな自然なメールのやり取りの中で、1番初めに連絡をとっている怒りっぽい男性の話もしました。隠しても仕方のないことですし、婚活と言う前提でみなさん集まっているので、複数の人とやり取りしているのは周知の事実です。

そんな他の男性の愚痴ともとれるようなメールでも、映画プロデューサーの彼は親身になって聞いてくれて、逆に洗いざらい隠し事がない彼女の姿に感動すらしたそうです。

そしてついに二人は一度会ってみることにしたそうですが、ここからが急展開!
初めてあって1週間後には結婚したそうです。メールをやり取りして1週間、会ってから1週間、計2週間で即結婚と言う結果となりました。

とにかく驚いたのは彼女の家族や、私を含めた友人たち。
ありえない!どうかしている!とにかく最初は猛反対でした。

しかしそれから数年経ちますが、彼女たちは離婚もせず今でもラブラブに暮らしています。

それをきっかけに友人たちの間ではネット婚活が流行りだしたのは言うまでもありません(苦笑)
出会いはどこでどんな風に転がっているかわかりませんね。

介護職の彼女が、映画プロデューサーと2週間で結婚なんて夢のような話ですが、実話です。
いま彼女のお家に遊びに行くと、旦那さんが手掛けた映画のポスターが部屋中に貼ってあります。お互い働いているので、家事も分担していてとても理想のカップルでした。

出会いが少ないと嘆いている人はたくさんいます。結婚したいけど出会いがない、気になる人がいない…。そんな人にネット婚活はとても便利で合理的です。

職業に限らず色々な人が利用しているので、思いがけない人と出会うこともあるかもしれませんね。あなたにとって生涯を添い遂げる素敵な人と出会えることをお祈りしております。