体験談(第4回)

婚活&恋活を成就!

事前の準備をしてからお見合いパーティーに参加しよう(S.Mさん 30代男性 兵庫県)

最近、出会いがない異性に人気なのがお見合いパーティーです。私も参加した事がありますが、普通に生活していたら出会えないような異性と出会えるきっかけを作る事ができるのでオススメです。

このようなパーティーに参加する場合、友人とかと一緒に参加した方がいいのかなと思いがちですが、女性でも一人での参加も多く気軽に参加する事ができるのが特徴です。

服装については指定がない所が多いですが、あまりラフな姿は浮いてしまうので、女性であればワンピースや清楚な服装にした方がいいですし、男性であればスーツなどの服装で行くと好感度が高いです。

初めにプロフィールシートを記入するのですが、このプロフィールシートを見せながら数分間の自己紹介を行います。参加する人は多いので、より相手にいい印象を与えたいと考えるのであれば、このシートに印象に残るような文を記入するのが一番効果的です。

また、簡単に自己紹介ができるように予めまとめておくことも必要です。このように、第一印象は異性の出会いでは大切です。参加するのであれば、事前に準備しておくことで幾分違ってきます。またコミュニケーションも大切であるので、なるべく自分から積極的に話しかける事も必要です。

参加する人は、真剣な交際をしたいと考えている人がほとんどです。素敵な異性と出会うためには、少しの努力が必要です。


お見合いパーティーはそんなに費用がかかりません(Y.Sさん 20代男性 奈良県)

少し前に私はお見合いパーティーと言うものの存在を知り、思い切ってそれに参加してみたところ、見事に素晴らしい結婚相手を見つけることができ、とても喜んでおりました。

しかしながら私の仕事場の同僚は未だに独身で、なかなか良い結婚相手を見つけることが出来ずにおりましたので、私は思い切ってその同僚にも出席することを勧めてみることにしました。

すると同僚は、私の話を聞いてかなり強い興味を感じておりましたが、そのような所に出席をすれば素晴らしい出会いが待っていそうなものの、しっかりとした会場が用意されていたり、また食事も美味しいものがたくさん出ると思うので、費用がそれなりにかかるのではないかと、金銭面を心配していました。

確かに内容は全体的に非常にしっかりとしており、かなりお金がかかってそうな雰囲気はありましたが、利用者が払う費用についてはそれほど高い物ではなく、気軽に利用することができましたので、全く心配する必要はないと同僚に説明してみました。

すると同僚はかなり安心したようで、だったら実際に参加してみると言っておりましたが、その後ネットなどを使っていろいろと探してみたところ、非常に格安の素晴らしいものを見つけることが出来たみたいで、とても喜んでおりました。

私達のような一般の人間でも、理想の結婚相手を見つけることができるお見合いパーティーと言うものは、本当に便利であります。

 

地元主催のパーティーに行ってみた(A.Sさん 20代女性 群馬県)

実は私も民間の団体が主催する婚活パーティーにはあまり興味がなかったのですが、カタイところがやっているならちゃんとした出会いがあるかなあと、地元の商工会が開催したパーティーに参加してみました。

男女30人ずつの大所帯で、地元のイベント会場を借り切っての開催。商工会主催なので男性は地元の方限定、女性はどこからでも大丈夫、という条件でした。

年齢は20代以上だったので会場内はさまざまな年代であふれかえってました。驚いたのは、こういった場に来る男性って結構若くてイケメンな人が多いんだなという事。

ネットでたたかれているスナップ画像だと、ちょっと微妙な容姿や風貌の年配の男性というイメージだったのです。よくよく考えてみれば結婚適齢期の男性ってこのくらいの方ですよね。

進行はまず少人数のチームに分かれてゲームをしたり料理を作ったりしたあと、ワイワイした雰囲気の中で参加者の自己紹介。さらに主催の商工会から、地元の名産品の紹介や協賛していた地元商店街の案内等もありました。

その後は食事をしながらフリートークだったのですが、ついゲームのチームの人ばかりが固まってしまい、主催側からの指示でイス取りゲームの要領で男性にぐるぐる回ってもらい、女性の隣に座るというやりかたで進めることになりました。

残りの1時間ほどで3~4人話しましたが、共通の印象が「男性が消極的すぎる…」という感じでした。地元の特徴なのか、あまり会話が弾まず…言っちゃ悪いけど「婚活しにきたんじゃないのかな?」と思ってしまいました。

周りの女性も同じような意見で、結局その日は参加者の女性と友だちになり連絡先を交換して終わりました。一度こうやって動いてみると、今まで躊躇していたのがもったいなかったなと思います。

 

お見合いパーティーに出席して(H.K 女性 40代 北海道)

30代の半ばに私はバツイチになりまして、その後とある結婚相談所に登録し第二の人生を歩むべく、お見合いパーティーに出席しました。

世の中によくある「お見合い」は、仲人がいてなんだか気に入らなくても薦められたお相手と結婚しなくてはいけない感じがしてちょっと及び腰でしたが、相談所が主催する「お見合いパーティー」は、そんな杞憂はありませんでした。

私が出席したのは普通の形式とはちょっと変わった面白いものでした。決められた時間内で決められたグループで輪になってお互いをアピールしあい、その後また別のグループと自己紹介し合うのです。

通常のケースとは違ったものかはわからないのですが、コンスタントに出席者すべての方と顔見知りになれるいい機会でした。私の場合バツイチグループがメインだったので、お互いの離婚体験談やお相手にお子様がいた場合、育児の体験談などいろいろ話し合った覚えがあります。

合コンとは違ってお互いが本当に結婚相手を見つけよう、人生の伴侶を探そうといった意気込みで臨んだイベントですので、「ただお付き合いする」といったものではありません。その分、将来性を考えたり、お互いを深く知って本当に長く一緒にいられそうかどうかを判断しようとするいい機会を持てました。

私は、今度こそは子供を授かって本当の家族を持ちたいと願いました。結果として、現在私には1人の小学生の女の子がおります。積極的に求めた結果が現在に至るんですね。みなさんもいろんな出会いの場に顔を出して、良い縁をつかんでほしいと思います。