体験談(第3回)

婚活&恋活の体験談
お見合いパーティーに参加して良かったです(R.Kさん 20代女性 北海道)

私の職場は見事に女性ばかりで、後は50代60代の管理職しかいません。たまに居る男性は100%既婚者で、我々女性陣は社内に出会いを求める事が不可能な環境でした。

ランチに行くと、いい人どこかに居ないかなという話に終始し、何ら解決法が見つからないまま何年も過ぎて行くといった感じでした。

ある日、ランチの際、このままじゃ何も変わらないよねという話になり、お見合いパーティーにでも行かないと埒があかないよねという結論になりました。

私たち同期のうち2人先に参加して、良かったら他の同期も参加するという事になり、ネットで調べて私ともう1人が参加する事になりました。同期みな30を過ぎていて、かなり内心結婚を焦っていましたが、みんな結婚なんてまだまだと強がっていました。

でも、何の目的も無い合コンではなく、結婚したい人ばかりがちゃんとした目的意識を持って臨むお見合いパーティーは合理的であり、無駄が無い気がしていいねと皆かなり乗り気になりどんどんみな気分が盛り上がってきました。

当日、同期と私は思いっきりお洒落をし、とにかく楽しもうと誓い合いました。自己紹介やゲームがあり、本当に楽しく過ごせました。出会いが無いと愚痴ばかり言っていないで自分から動けば良いだけだったんだね、早く参加すればよかったねと感想を言い合いました。

同期達には参加すべしと伝えました、楽しかったし、それぞれ良い雰囲気になった人もいたしと話しました。それ以降、ランチの時間は、お見合いパーティーの情報交換の時間になりました。誰が先にゴールインするか、その話でもちきりです。参加して本当に良かったなと思っています。

 

お見合いパーティーにまつわる思い出(T.Nさん 30代男性 新潟県)

わたしは過去にお見合いパーティーに参加したことがありました。わたしがそのようなパーティーに参加したのは自分が結婚相手を探していたからではありませんでした。

わたしはとくに結婚するということにそのときはこだわっていなかったのですが、わたしの知り合いにとても結婚願望の強い人間がいました。その知り合いはいつも結婚相手を探していて、そのような婚活の一環としてお見合いパーティーというものに参加することをずっと考えていたそうです。

ですがひとりでそのような場所に行くのは勇気がいるということで、わたしは付き添いとして参加することを彼に頼まれました。わたしは結婚にこだわっていない以上そのようなパーティーに参加する意味もあまりなかったのですが、その知り合いとの友情を大切にするということもあり、人生勉強としてそのようなパーティーに参加することを決めました。

わたしはその知り合いと前もっていろいろと話しをしました。彼がそのようなパーティーに参加したがっていたのは、一度にたくさんの人間とお見合いができるというのが良いという理由からでした。たくさんの相手と出会えば、その中から最高の出会いに会える可能性も高くなると彼は言っていました。

そのような彼の積極的な姿勢に接しているうちに、お見合いパーティーにそれまであまり積極的でなかったわたしも、次第に興味を持つようになりました。気がついたらわたしもパーティーを積極的に楽しむようになっていました。

 

私の婚活 (M.Iさん 30代女性 岐阜県)

私は子供のころからお嫁さんになりたいという夢がありました。恥ずかしいので人に話さなかったのですが、できれば20代で結婚したいと思っていました。

しかし、自分がいいなと思う人からは好かれず、自分があまり好きではない人からは好かれ、という感じでなかなか結婚に至らず、気がつけば30歳を過ぎていました。

私は「30歳を過ぎると女も終わり」なんて勝手に思っていて、もう結婚しない!と考えるようになってしまいました。

しかし、結婚している友達を見るととても幸せそうです。そして、自分自身もこのまま一生一人で暮らしていくのが本当によいことなのか?と考え始めるようになりました。

やっぱり結婚したい!そう思ったのは30歳を間近に迎えたころでした。その時に私は家族に宣言しました。「私、今年から婚活する!」と。

それから私は友達に会うごとに「いい方がいたらぜひ紹介してね!」と言いまわり、お見合いパーティーや紹介といったものはすべて受けてきました。

たとえ自分が「この人、結婚相手としては違うかな。」と思うような男性とも、2度は会ってみてから今後どうするか決めていました。その努力が報われて31歳の夏に行った大きなお見合いパーティーで私は今の旦那と知り合うことになったのです。

今までつきあってきた人とは「なんか違うな~。」と感じることがほとんどだったのですが、夫と出会っておつきあいを始めてからも一度も「なんか違うな~。」と思うことはありませんでした。

恋愛結婚ではなく、お見合い結婚のような感じになりましたが、私にとって、それがよかったのだと思います。婚活をして1年足らずで伴侶と出会うことができ、結婚できたことに心から嬉しく思います。

やはり、自分で「今年は結婚するぞ!」と強い意志を持って動けば、何かが変わるのではないでしょうか。

 

結婚相談所の口コミに釣られまして(T.Hさん 30代男性 埼玉県)

僕は研究職という仕事柄、あまり女性と出逢う機会がありませんでした。元々女友達も少なく、どちらかというと狭く深い人間関係を好む性格も手伝い、大学卒業後はずっと彼女がいませんでした。

しかし、去年30歳になったのを契機に、すぐにお嫁さんは見つからずとも、結婚に繋がるご縁はないかな、と偶然ネットサーフィンして見つけた比較サイトで口コミの評判が良かった結婚相談所を訪れてみました。もちろん親からの早く結婚して孫を見せろと言う催促に後押しされたのも確かです。

その結婚相談所はアットホームな雰囲気が人気で、登録データを基に独自のマッチングを行い、気の合いそうなお相手に的を絞って紹介してくれすぐに運命の人と出逢えたという体験談も多く寄せられていました。

実際、「そろそろ結婚を考え初めまして、でも急いではいないのでそんなに必死なわけではないです。」といういささか煮え切らなかった態度の僕でも、笑顔で親身に対応してくれ、入会に際してプロフィール作成の段には、改めて自分がどのような人間なのかを見つめ直すことができました。

血液型や性格、育ってきた環境などを踏まえて、アドバイザーの方はこういう女性とうまくいきますよと論理的に教えてくれました。

入会前に見たホームページにあった通り、その後紹介してもらった女性たちはデータを基に選ばれており、共通の趣味やお互いの性格の長短をあらかじめ踏まえておけたので、良好なデートができました。

そして今ではその内の一人と年内の結婚も視野に入れてお付き合いしています。結婚相談所にお世話になって本当に良かったです。