体験談(第1回)

パーティーで婚活&恋活

お見合いパーティーに感謝(K.Tさん 40代男性 福岡県)

私は年齢的にかなり高くなっており、そろそろ結婚と言うものをしなければならないと考えておりましたが、なかなか良い出会いがありませんでしたので、とても悩んでおりました。

そのような感じでしたので、今後もひょっとしたら無理かもしれないと半分諦めかけておりましたが、ある時たまたま本を見ていたらお見合いパーティーと言うものがあることを知り、とても強い興味を感じました。

お見合いと言うものが世の中に存在している事は知っていましたが、なんとなく堅苦しいイメージが個人的にあり、自分には関係のないものであると考えていましたが、どうやらそれはパーティーの形式みたいでしたので、非常に気軽に参加できそうな感じがしました。

それであれば、自分自身でも理想の相手を見つけることができるかもしれないと思い、私はしばらく悩んだ後に思い切って出席を決意してみることにしました。

それから詳しく調べて見てみると、様々なサービス業者を見つけることができましたので、私は自分自身にマッチしたものをじっくりと選ぶことができましたが、その後は良いものを見つけることができ、申し込みをしてみることにしました。

すると、とても簡単に参加することが出来とてもほっとしましたが、実際に行ってみると、やはり思った通り気さくな雰囲気の中で自由に相手を選べましたので、見事に結婚相手を見つけることができました。お見合いパーティーと言うものが存在していてくれて、本当に良かったです。

 

お見合いパーティーへの印象(T.Mさん 20代女性 東京都)

私は、お見合いパーティーへ参加したことがありません。もう26歳という結婚適齢に入ってきているのにもかかわらず、結婚に対しての姿勢がないとも言えます。

先日、友人とご飯を食べにいく機会があり、居酒屋に出かけました。話題は結婚や将来に関することがほとんどでした。

友達は、私に早く結婚相手を見つけて結婚して、安定した生活を送るべきだと、強く主張してきました。しかし、私は同意できず、ただ話を聞くことしかできませんでした。

その子は今度安めのカジュアルなお見合いパーティーに参加するとも言っていました。

カジュアルスタイルで参加できるのは、私にとっても参加しやすいものに感じることができます。そういうスタイルのイベントならぜひとも参加して、出会いを増やすべきだと思いました。依然、参加はしていませんが。

また別の子も、お見合いパーティーに参加していました。参加費も安く、どのような職業の方でも参加しやすい方式をとられているのだと感じることができました。無理なく楽しめることができたようで、友人はとても満足をしていました。

私にとってお見合いという言葉は重すぎて、簡単に参加できないもののように感じていましたが、様々な形式があるのだと感じることができ、もし機会があればぜひ参加してみたいと思えるものに変わりました。

まずは出会いの機会がもてるパーティーには魅力を感じることもできると思いますし、自分自身を知ってもらえるよい機会になると思いました。

 

婚活と結婚診断(Y.Uさん 30代女性 山形県)

婚活女子という言葉がワイドショーで採り正されるようになって、彼女らの高い理想や相手への条件、ガツガツしたパーティーでの振る舞いなどを面白おかしく紹介されているが、あの紹介の仕方には悪意がこもっていると思う。

実は、私も婚活をしていた事があるのだが、お見合いイベントなどは集団で行う為テレビ的にまで行かないなりにも自分から進んで相手とコミュニケーションをいかにたくさんとるかにかかっている。

限られた時間で、より多くの人と会話しなくてはいけないので、焦るあまりに余裕がなくなって「聞きたいこと」だけ手短に聴いて回るような事になる。

私の場合は、自分から突っ込んでいくタイプではなかったので、集団パーティー系のイベントは一回で辞めた。もっぱら、ネットで「結婚診断」を受けて資料と相手のプロフィールを送ってもらう、昔からある結婚相談所スタイルだ。

あれは実は、きちんと所在を記入して結果を郵送してもらえるところの方がちゃんとしているのをご存じだろうか?

たまにメールだけで結婚診断をしますというサイトがあるが、どう考えても実在しない会員のテンプレートデータが数秒で自動返信されてくる。もっとマッチングしてほしい場合は入会してくださいと言うわけ。

それならば初めから、実在する会員のマッチングデータと、入会案内書を送ってくる郵送形式の婚活サービスの方がまだ信用に置けるのだ。

私の場合、その後すぐに職場で知り合った人と恋愛結婚したため、結婚相談所の在籍期間は短かった。しかし、自分の事を客観的に評価されるという経験は、ある意味結婚に置いて冷静に、ドライになれるという事を実感できたので、意外に婚活診断はお勧めなのだ。

 

兄と一緒にお見合いパーティーに参加(A.Iさん 20代女性 静岡県)

この体験談を話すと笑われる事もありますが、お見合いパーティーに兄と一緒に参加したことがあります。2人ともそろそろ結婚に焦りはじめているのですが、友達を誘っていく勇気もなく、「だったらいっそ兄妹で参加しようか」となったのです。

当日は私はよそ行きのワンピースを、兄は背広を着ていきましたが、会場に来てまず思ったのが服装の大切さです。

参加している皆さんは当然異性にいい印象を持ってもらおうと頑張っているので、清潔感溢れる真面目そうな雰囲気の服を選んでくるわけですが、ほとんどの人がそう思っているので兄の背広姿は没個性になってしまいました。

対して女性のほうはというと、着物を着ている人もいればスーツを着ている人もいたりと、バラエティに富んでいます。

声をかけてくれる人の中には服装から性格をイメージする人もいるみたいなので、無理をしない程度に自分自身を現せるような服装を選ぶといいと思います。

手探りではじめた一回目のお見合いパーティーはあまりいい成果を出せなかったのですが、何度か兄と足を運んでいるうちに色々なことが分かってきました。

一つ目は会場には早めに到着する事です。そうする事でプロフィールカードにじっくりと取り組めるので文章が浮かびやすくなりますし、会場に他の人が入ってきた時にさりげない動作で確認できるので、どんな異性がいるかチェックできるんです。

二つ目は、知り合いと参加している時はなるべく一人きりの時間を作るのがおすすめです。実体験ですが、「声をかけようと思ってたけどずっと別の人と一緒にいたので。」と言われたことがあって、それ以来兄と別行動をとるように心がけてみたのですが、断然話しかけられる率が上がりました(笑)。