婚活、デートを重ねる際にチェックしたい5つのポイント

婚活で理想の相手を見つけることが出来たら、とても素敵なことです。
しかし、理想の相手と出会ったからといって、すぐに結婚というわけにはいきません。
そこからの長い人生を、お互い穏やかで幸せに送るためには、様々な部分で納得したいもの。
そこで今回は、デートを重ねながらチェックしたい5つのポイントについて紹介します。

 

【ポイント1.金銭感覚】

異性との交際経験が多い方なら既に経験済みかもしれませんが、金銭感覚の違いは大きなストレスになりやすいもの。
チェックしたいのは、デートや食事の支払い(おごり、割り勘)だけではありません。
衣類やアクセサリー、食事にお金をかけたい人もいれば、全く無頓着な人もいます。
趣味や旅行など遊興費の支出が高い人もいます。
自分と同じ金銭感覚を相手に求める人もいますが、そうではない人もいます。
いずれにせよ、金銭感覚が大きく異なる場合は、将来的にどちらかが我慢することになる可能性があり、結婚生活中においても火種がくすぶる原因になります。
そのため、金銭感覚のチェックは、とても大切といえるでしょう。

 

【ポイント2.親戚付き合い】

恋愛は二人だけでも出来ますが、結婚となるとそうはいきません。
結婚式や披露宴の有無に関わらず、大抵の場合、結婚後は「親戚付き合い」が発生します。
親戚付き合いが多い家庭もあれば、ほぼゼロに等しい家庭もあります。
地方においては親戚の親密度が高い傾向にあります。
出会ってすぐにチェックするのは難しい項目ですが、結婚が視野に入ってきたら、一度確認しておきたいもの。
両親や兄弟姉妹、叔父叔母、いとこ。
相手の親戚付き合いが、将来の自分の親戚付き合いとなるわけですから、とても大切なポイントです。

 

【ポイント3.交友関係】

親戚付き合いと同じように、友達付き合いも気になる項目です。
友達を最優先にする人の場合、
「友達>恋人」
ということも考えられるからです。
また、「類は友を呼ぶ」というように、友達は、本人を映す鏡でもあります。

決して、友達に問題があるからと言って本人に問題があるとは限りません。
しかし、よい友達に恵まれている人は、本人も良い人柄であることが多いものです。
周囲にどんな友達がいるのかは、さりげなくチェックしておきたいポイントです。

 

【ポイント4.家事】

「一人暮らしをしているけれど家事は出来ない」という人は珍しくありません。
恋人が出来てから家事を覚える人もいれば、結婚後に家事に目覚める人もいます。
そのため、出会った時点で家事が出来なかったとしても、それほど気にする必要はないかもしれません。
しかし、交際の時点で片方だけに大きな負担をかけても全く気付かない、というタイプには注意が必要です。

特に女性は、結婚後に出産や育児などをする可能性があります。
そんなとき男性側に「全く手伝う気がない」となると、大変です。
さらに共働きを希望する場合、女性側の負担が大きくなってしまう可能性があります。

家事が出来るかどうか、協力し合えるかどうか。
現在全く家事をしない場合、改善の余地はあるのか。
それは結婚を前提とした交際の場合、それとなくチェックしておきたい項目の一つです。

 

【ポイント5.将来設計】

結婚は人生のゴールではなく、新たなスタート地点です。
そこから始まる将来設計についても、可能ならチェックしたいもの。
・子供の有無
・マイホームを持つかどうか
・親との同居
・老後の生活
など、結婚後に考えることは少なくありません。
将来設計に関しては、交際が進むうちに、自然と話題になる部分もあることでしょう。
このとき大きな違いがあるようであれば、相手と話し合ってみる必要がありそうです。

 

【まとめ】

出会った段階で、いきなり全ての項目をチェックしだしたら、相手には引かれてしまいます。
しかし、「合わない」と思いつつ交際を続けて結婚しても、大きなストレスに繋がる場合があるのもまた事実。
焦らず何度かデートを重ねつつ、ポイントを見極めていきましょう。
ただし、初めて出会ってからデートを続けていき相手をチェックするのと同様に、自分もまたチェックされていることは頭に置いておきたいものです。

多少合わないポイントがあったとしても、いきなり諦めてしまうのは早計です。チェック項目を5つご紹介しておいて言うのもなんですが、実際のところ、全ての項目をクリアーできる相手はほとんどいないと思っておいたほうがいいです。

多少及第点には満たない項目があったとしても、お互いの話し合いや協力で、様々なことを乗り越えていけると思ったお相手となら、きっと素敵な関係を築いていけることでしょう。

 

【補足】婚活デート⇒付き合うまでに必要な恋愛必勝プロセス

婚活に勤しむ皆さんは、合コンや街コンに比べて男女関係なく結婚を前提とした真剣な交際をする相手を求めている比率が高いことは言うまでもありません。そのため婚活で出会った相手と付き合うためには、他の出会いより誠実な態度で挑むことが恋愛を実らせるコツになります。

二人で会うことになったら、会話を盛り上げようと軽快なノリで話しかけることは最初だけにして、お互いの性格や望んでいる交際の形など真面目に語り合うように心掛けることが交際につなげるために効果的です。

連絡先を交換した後も、初期の段階では敬語で話すなど、適度な距離を保ち少しずつ親しくなるように時間を掛けて理解し合うようにしましょう。

デートをするときも、一度目から遠出をするプランを立てるよりも仕事の後や休日の数時間に食事のみのデートから始めるようにするなど、少しずつ関係を温めていくことが大切です。

いきなり距離を詰めることは厳禁ですが、婚活をしている方々は結婚を前提とした交際相手を早い段階で見つけたいと考えている場合が多いので、何度もデートを重ねているのに付き合うつもりがあるのかないのか曖昧な態度をとり続けることも避けるべきであり、適度なタイミングで交際を決めることも大事になってきます。